おすすめ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】
Information
おすすめ情報

法律によって秩序を保たれている法律国家日本。法律がひとを裁いて、罰したり、許したりするわけだ。大体の法律は困った国民を助けるための法律。最近は、自動車事故で自分の家族をひき殺されたとて、法律に当てはまるものがないからと、被害者が悔しい思いをして、加害者が法律で守られている、そんな事件もあった。法律が遅れているのか、法律を扱う人間がアホなのか。

しかし、法律で不当な労働を救済するものもある。
過剰に働かされた、働いた分の給料を払われていない、働いて怪我をした、働いていて体を壊した。そんな時は法律によって、働いた分の給料をもらえるようになったり、怪我の治療費や体調不良を治療するための医療費が出たり、治療に当てる期間分の給料を支払われるようにしたり、そんなことができるのだ。
とはいえ、契約していたものとは違う不当な労働をさせられて体を壊しても、時間給や残業代が支払われていたら法律では救えないし、近年多いのは、労働によって腰痛や肩こりがひどくて働けなくなるという症状はやっと労災で認められるようになったそうだが、過度な労働やストレスのせいで起こった肩こりからの頭痛、他の部位の不調、などストレスが原因だったり、怪我と違って因果関係を証明するのが難しい体調不良は法律で救えない一つだという。これだけストレスでうつ病だの過剰労働が明らかになっている社会で法律は幅広いケアができるわけじゃなく、苦しんでいる人もいる。