神奈川県|横浜での住宅ローン相談は水内FP事務所

【無料の企業PR広告】
■該当件数10件 | <前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 次へ>
TOP > 神奈川県 > 横浜の住宅ローン相談なら<水内FP事務所>

横浜での住宅ローン相談は水内FP事務所


ファイナンシャルプランナー(FP)とは、金融、不動産、保険、年金、住宅ローン、相続、社会保障、税金などの知識を活かして顧客の資産設計を提案し、生涯にわたって実行支援をする専門家です。
顧客のライフプランをお金の視点から達成へ導くよう事項を支援するために行うのがファイナンシャル・プランニングです。

最近では、テレビや雑誌などでファイナンシャルプランナーを見る機会が増えましたが、多くの場合は電気代の節約や家計の見直しのみでありファイナンシャル・プランニングについて触れられていることがありません。
ファイナンシャル・プランニングは顧客の資産設計を総合的にお金にスポットを当てて把握するもので、老後資金に問題がある場合や教育資金に問題がある等によって解決する場合の一つの手段が家計の見直しであったり、配偶者が所得を得ることであり、投資信託を利用するなのです。

ライフプランは、会社での事業計画にあたるものです。
バブルの時代は、夫婦に子供が1人か2人といったモデルケースがほとんどで個別にライフプランを立てる必要性が低かったのですが、グローバル化、雇用の不安定化、社会保障の見直し、ライフデザインの多様化などによってモデルケースというものがなくなりつうあります。
そのため一人一人に合ったライフプランを立てることが、これからは重要になってくるのではないでしょうか。
ライフプランを立てることで、無理のない住宅ローンの返済計画、ポートフォリオの見直し、保険の見直しなどが明確になってきます。

当事務所では、不動産業界出身の経験を活かして、お客様の住宅の購入をサポートさせていただきます。

不動産の購入と並んで重要な住宅ローンの選択ですが、業者任せにしてしまうと将来の不安を招きかねません。
住宅ローンの返済は何十年にもわたって行いますので、返済計画を適当に業者さん任せにすると数年後に返済できなくなる可能性が出てきます。
住宅ローンを組むときに返済計画の相談を誰にしたのかアンケートをとると、ほとんどの人が不動産業者からの提案をもとにしたと言われます。しかし、不動産業者にとっての収益源が物件の売価や仲介手数料である以上、なるべく高額の物件を購入してもらうほうがうまみがあります。そして、お客さんがこの後無理なく返済していけるかどうかは考慮する必要がないので、金融機関から借り入れできる金額をもとに、業者さんは物件を紹介します。
すると転職や失業、他のライフイベントによって不安定な返済となり、最悪な状況では債務不履行となり強制的に競売となってしまいます。

そのようなことにならないように、横浜での不動産業界にいた経験を活かしてアドバイスしますので、住宅ローンの相談はお任せください。

当事務所は独立系のファイナンシャルプランナー(FP)事務所となっております。
ファイナンシャルプランナー(FP)には、企業系ファイナンシャルプランナー(FP)と独立系FPとがあります。
企業系FPは企業に所属して企業で扱っている金融商品を販売しています。
独立系FPは、企業に所属していませんので、顧客の利益を最優先し、特定の金融商品をすすめる行為はせず、不要な商品の購入も勧めません。
そのため、安心してご利用いただければ幸いです。

相談場所は、横浜駅にある相談場所かお客様のご自宅又は、ご指定の場所となっていますので、柔軟に対応します。お気軽にご利用ください。